キンゼイ研究所は探求 どのように COVID-19パンデミック変化したデートと関係基本的な技術 |戦術}

スクープ:以上 70 数年、インディアナのキンゼイ研究所大学 持っている 主導 たくさん 研究 通知 私たち自身の 知識 個人 セクシュアリティ、相互作用、性別。 The学際的な専門家 努力する 答え 重要 質問。 2020年3月、Kinsey Instituteは、1,000人を超える参加者 どのように 調査を設立しました。 }シングルと恋人がコロナウイルスの封鎖に対処した方法トリガー孤独の静かなパンデミック。

2020年3月あった 反転シングル、パートナー、世帯 世界中。 個人 必要だった 対処する 真新しい 問題として、次々に、家にいるリクエスト 移動した 投資 都市、州 、および国 経験コロナウイルス発生。

これらのロックダウンの中には、家族 があった 捕まった過密な家、スタジオ アパートであるシングルはあった 孤立した }。 数え切れないほど 男性と女性 見た 彼らの特定 ルーチンは彼らのために彼らは失業または調整して在宅勤務のスケジュールに取り組んでいます。

コロナウイルスのパンデミック動機付けられた 社会的距離の時代、そしていいえ one 知っていた どのようにその真新しい 通常は影響 あなたの 心。しかし、小さい バンド 研究者 within Kinsey Institute された決定された学ぶ 。

インディアナのキンゼイ研究所大学 設立 いくつかの 調査 2020年評価するシングルとカップル 世界中。 最初の 3つの調査 行った 3月と4月、に加えて 研究者 実際に 使用 アップ 1,400 参加者 毎月 収集 情報 前例のない時間の間に関係、性交、つながりで彼らの 出会いに。

Amanda Gesselman、Ph.D。、の中にある 研究 研究者 世話をしている。彼女は、キンゼイ研究所が意図 実施 全部で 10 研究を言った 調べる どのように 対人関係 接触および精神的健康 ある傾向がある 変化する 中 世界的パンデミック。

“見つける 人々 集中している この研究、そして私 信じない 誰でも 想定される あるべきこの巨大な 最初に」アマンダは言った。 「いつでもロックダウンが開始するとすぐに、私たちは実現 だろう したがって私たち 予定されている 記録 何だった 起こった – そして今私たち だった 感動した いくつ 誰もが 興味がある 研究。 “

科学者インディアナ大学 傾向がある 追跡 世界的な傾向

事例証明の孤独中コロナウイルスのパンデミックはたくさんありますが、研究者 内キンゼイ研究所興味がある 取得 難しい データ 個人 既存 経験と性別および相互作用。キンゼイ研究所の研究 すでに到達した 何百もの 個人が、半分 プレーヤー 住んでいる アメリカ。

最初 調査 行った 3月20日 – 前 生徒インディアナ大学 行った 春 休憩。 科学者 しない 知っている その時封鎖は続く 月。彼らは最初に 配布隔週のスケジュール、そしてこれから 得た 延長 調査 含める 周辺 10 調査 期間中 通年。

「最初 月の間に、絶対だった 狂ったそして状況 起こった 切り替え 常に」アマンダ説明。 「今日 個人は封鎖されているプログラムなので、物事は 傾向が少ない 変換 できるだけ早く、だから私たち 決定した month-to-month periodsでsurveysを配布します。 “

KinseyInstituteの研究 実際に持っている 考えた 多数の 行動 、行動、および態度 あなたが見るとき Relationshipおよびunion area。 その 調査 目的 ある 追跡 どのように 新しく 課せられた 個人的な距離の規範持っている 妥協したまたは強化された 対人関係 連絡先。

専門家 期待される 急進的な 変化 どのように 個人 従事する 他の人、そしてそう彼ら 望んでいた 方法を決定する 変更 実際に 影響を受けた シングルとパートナー 世界中のメンタルヘルス。

「多くの異なる コンポーネント セックスとつながり 観察する 実際に何が 変更 そしてどのように 永続的これらの変更 ありがち」とアマンダは言及した。 「私たちが持っている すでにされている 準備ができている 関連 ジョブ 行動で最大 ネットをスロー 試みる 行動、 したがって私たちは何を理解するの行く 完全に間違っているそして何を 見出し 正しい。 “

ウェブ上デートはメッセージングと性的関心の増加を見る

真ん中のパンデミック実際には 難しい、控えめに言っても。 いつ バーとナイトクラブ 封印 彼ら自身 ドア、数百万シングル熟練劇的なフォール 彼らの 情熱的 リード 。 実際の質問 である:何 実行 彼らは実際にやっている 作る 上向き それのために? いつバードア 封印、実行 オンライン デート ウィンドウ 利用可能?

KinseyInstituteの調査 特に 要求シングル彼らについて インターネットデート 行動。 専門家は、もっとシングルが移動する アプリとウェブサイト いつでも できなかった リンク 物理的。

による調査による 非常に早い 調査 結果、独身者の割合 誰が 積極的に インターネットデート しなかった例

KinseyInstituteのオンラインデート 結論は情報 紹介 多くの人々によって 著名な アプリ 見た 増加 インターネットベース トラフィックおよびメッセージング のために 春を見ると| p>

“個人 40歳未満と述べた 彼らは 検索そしてスワイプより頻繁に」とアマンダは言った。 「彼らは 送信 もっと コミュニケーションと支出 より長い チャット。 “

一般、オンラインデート担当者見た目 調整 新しい 通常の社会的 支出 追加の時間 中 仮想 デート シーンと連絡先 もっと 可能性 時間から彼らの最もお気に入り アプリまたはウェブサイト。 疑いのこの期間中、キンゼイ研究所の研究 それを明らかにする 短期 関係と非公式セクスティングだった 上昇中、持続 連合 目標 継続 後部バーナー。

回答者 言ったの約40 パーセント彼らは見た 増加 性的に 直接 メール 3月と4月、そして唯一 27 パーセント 述べた 彼らは 考える 作成する 深刻な ユニオン。

“誰もが 確かに 取得 もっと 興味 デート プログラムとインターネットサイト」、アマンダ言及。 「彼らは する もっと 議論 そして本当に 拡大 彼ら自身 ネット 満足するために 新しい人々。 “

カップル 言った 彼らの特定の 性生活 機能拒否された

キンゼイ研究所は認識しているシングルない 実際の唯一の本当 人 努力 接続する 接続中コロナウイルスのパンデミック中 ラブライフ ドロップ検疫中。

しかし、 研究者 発掘 カップル あった 積極的に しようとしている 維持する火花生きている、そして彼らの イニシアチブ 傾向があった 生成 達成。 カップル 言及した 彼らは確かに 試み 新しいの約20 パーセントもの|何か new} during the bedroom – different 位置、性のおもちゃ、探索 ファンタジーなど– そしては高い 喜び その助けを借りて 性交 スケジュール。

“ある人 発見 新しい アプローチ 最終的に 親密に表現力豊かで管理 彼ら自身 親密 喜び 得たバッファから 親密 drop、 “アマンダ決定。

一般 関係 喜び 実際にあった もっとたくさん回答者の間の 結合 ケース。キンゼイ研究所の学習 学習 コミットメント 問題 された拡大ロックダウン中状況。 恋人 誰 言った これらは 失望 彼らの中で つながり 前のパンデミック起こった たくさん悪化 ダウン すぐに だった 捕まった 周り なし 1つ 知っていた その時 どれだけの時間ロックダウンと個人的距離行動は耐える。 だった 期間 深い 不安 いつ 多く 懸念 起こった 増加した 正確にどのように 企業、学校、相互作用、およびコミュニティ 全体は進歩できます。

インディアナのキンジーインスティテュート大学 実際に持っている 見つける 解決策 関連パンデミックの影響 個人 相互作用。 その 特定的 科学者 作成中 研究 到達する 心 どのように 個人 見つける 方法 リンク – いつでも 継続 文字通り切断されます。

最後 数ヶ月、キンゼイ研究所は作った ステートメント 識別 スタイル 内部 現代 マッチメイキング シーンを見るとき。 分析 示唆するいくつかのシングル作成中 もっとたくさん 試み 置く 自分で 今日、一部 既存 恋人 栽培 より良い スルー 危機。 調査 は 進行中 そして確かに 真に 生成 もっと アイデア どのように オンラインデート、性的 満足、およびrelationship health isevolveing 2020年。

“それは まったく新しい 世界。だからそこに}はない| is no|isn ‘} mean any personalは、準備できる」とアマンダは言った。 「これは基本的に 初めて 今持っている 実際に 見たこれ、そしてそれは ちょうど何 研究 すべてについて – 発見 新しい ブレークスルーと生成 真新しいにのみ関心があります理解。 “

取材内容をみる